Loading

近頃、日本国内でIT化、自動化を目指す企業がどんどん増えてきております。

コロナの影響もありますが、実は何年も前から、各大企業の管理層はIT化というキーワードに注目し始めました。

 

背景としては、インターネットが普及してから、ビジネスが物凄いスピードで進化して来ました。

同時に、社内の作業も複雑になり、一人では中々抱えきれないほど、業務量が増えてきており、最終的に、皆様はITで作業をなるべく自動化し、業務効率と生産性の向上を目指し始めました。

 

今になっては、色々IT化の補助金もでておりまして、社内で色んなツールを利用して、業務を自動化するのが普通になりました。

ITで自動化と言っても、一体どんな手段がありますか?

今回はこちらを皆様にシェアしたいと思います。

 

1.汎用業務管理システムを利用する。

利用対象:事業規模がある程度大きくなり、業務が複雑になった時。

社内情報のデーター量もそこそこあり、他社とよく業務上のやり取りが多くなると、ミスなどが起きやすくなるので、ここで、システムを導入し、簡単な作業をシステムにやらせて、従業員はもっとお客様の事に関心を向き、より品質の良いサービスを提供することができます。

 

何より、現在世の中の多くの企業はIT化をかなり進んでおり、そのおかげで、いろんな業務管理システムが誕生してきました、よっぽど特殊な事業内容ではない限り、世の中で出回っている、一般的な業務管理システムで、十分だと思います。

 

よく使われる場面は:

①商品の発注側で、発注商品の管理。

②商品の生産状況の情報共有と管理。

③顧客データー管理。

④従業員データー管理。

⑤ミスが多い重複作業を減らしたい。

様々な場面で活躍できます、業務管理システムは色んなタイプありますが、よく使われるのが汎用Web管理システムです。

 

汎用Web管理システムメリット:

①インストール一切不要。

ブラウザで開けば、使えます。

 

②自社専用のアカウントがあります。

アカウント紛失の際は、即座アカウント停止や、パスワード変更などが可能。

 

③画面操作が簡単で分かりやすい。

Excelのような関数のスキルは一切不要、マウスでパチパチ押せば、業務は進みます。

 

④システム開発料料金も安い。

すでに色んな企業が使っているので、開発の工数が少ないので、料金が安いです。

 

⑤開発期間も短い。

こちらは上と同じ理由で、開発期間も短いです。ですので、業務管理システムを導入すれば、従来な仕事がより簡単にできちゃいますし、重複作業は全部システムにやってもらえますので、従業員の人件費削減にもなります!

 

汎用Web管理システムデメリット:

①自社に合わせた、特殊な機能がない。

事業規模が大きくなり、お客様のニーズが複雑化して来た時に、従来のシステムでは、中々対応しきれない時ですね。

例えば、カスタマイズの商品を販売したり、競合他社がやってないようなオリジナルサービスをやりたい時など。

とりあえず、スペシャルな事をしたい時に、カスタマイズ開発が一番ベストです。

 

2.カスタマイズで開発する業務管理システムを利用する。

利用対象:よりスペシャルなサービス、事業、仕組みを作りたい時。

よりお客様に、高品質、おもてなしなサービスを提供したいと同時に、一般的なシステムでは満足できないし、人件費も削減したい、従業員の負担も上げたくない、これらを両立するのが至難の業、経営者がよく悩まれる問題、下手すれば、従業員の不満が蓄積し、退職が増えたり、会社の業績悪化にもつながる大問題。

ここで上手くITシステムを導入すれば、会社がさらなる大きな成長につながるに間違いない。

この時に、自社の状況に合わせた、カスタマイズのシステムを開発する必要があります、現場の声をしっかり聴き、システムを開発している専門の業者に相談すれば、要望に合わせたシステムを作ることができます。

 

カスタマイズ開発のメリット:

①一般的なシステムが持っているメリットは全部あります。

②自社のニーズに合わせたシステムですので、一番使いやすい。

普段の業務フローに合わせて、システムの画面や、機能を開発しますので、分かりやすいシステムが作れます。

 

カスタマイズ開発のデメリット:

①開発費用と開発の期間が、希望内容によって、変わります。

費用高くて、開発期間が長い、とは限らないです。一度システム開発会社に相談してみないと、何とも言えないですね。

 

内容が複雑になるほど高くなりますが、この複雑かどうかと言うのも、企業側からすれば複雑だと想像しても、システム開発会社からすれば、シンプルな物になる事が結構多いですので、やはりプロの目線からすれば、全然違う結果になります、一度相談すれば、ベストな提案をしてくださると思います。

 

まとめに

このコロナの時代ではありますが、これから世の中のIT化はさらに進んで行き、ビジネスのスピードがどんどん速くなりますので、業績が落ちてからでは遅いので、今のうちに自社のIT化を考えてみませんか?

外注の際は、必ず注意:システム開発を外注する際の注意事項!を確認しておきましょう!